小堤治の発表論文一覧
博士学位論文

    液状化地盤上の地盤・構造物系の地震被害推定に関する数値解析法の研究, 京都大学博士学位論文, 2003.
論文ダウンロード

国際会議論文

1) Residual Deformation Analysis of Sheet Pile Quay Wall and Backfill Ground at Showa-Ohashi Site by Simplified Method, Proceedings of the 12th World Conference on Earthquake Engineering (Auckland), No.2487, 2000. (共著)

2) Analysis of liquefaction induced residual deformation for two types of quay walls analysis by “FLIP”, Proceedings of the 12th World Conference on Earthquake Engineering (Auckland), No.2486, 2000. (共著)

3) Adjustment Method of the Hysteresis Damping for Multiple Shear Spring Model, Proceedings of the 4th International Conference on Recent Advances in Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics (San Diego), No.1.68, 2001. (共著)

4) Effective Stress Analysis for Evaluating the Effect of the Sand Compaction Pile Method during the 1995 Hyogoken-Nambu Earthquake, Proceedings of 4th International Conference on Recent Advances in Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics (San Diego), No.4.42, 2001. (共著)

5) Analytical study of shaking table tests on effect of steel sheet pile walls for embankments: Analysis by “FLIP”, Proc. of the 10th international conference on soil dynamics and earthquake engineering (extended abstract), 2001. (共著)

6) Effective Stress Analyses of Liquefaction-Induced Deformation in River Dikes, Journal of Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Volume 22, Issues 9-12, pp.1075-1082, 2002. (共著)

7) Modeling of drainage behavior for dynamic effective stress analysis by undrained condition, 13th World Conference on Earthquake Engineering (Vancouver), 2004. (共著)

8) Model modification considering steady state for dynamic analysis, International Conference on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering - from case history to practice - (IS-Tokyo), 2009. (共著)

9) A numerical study on post liquefaction soil behavior by dynamic effective stress analysis, International Conference on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering - from case history to practice - (IS-Tokyo), 2009. (共著)

10) A study on prediction accuracy of the dissipation of pore water pressure and the settlement of soil surface for an actual case by the dynamic effective stress analysis program, International Conference on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering - from case history to practice - (IS-Tokyo), 2009. (共著)

11) Benchmark centrifuge tests and analyses of liquefaction-induced lateral spreading during earthquake, Geotechnics for Catastrophic Flooding Events, Susumu Iai (Editor), Taylor & Francis Group, pp.127-182, 2015. (共著)

12) Strain space multiple mechanism model for clay under monotonic and cyclic loads, 6th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering (Christchurch), 2015. (共著)

13) Two-dimensional effective stress analysis on consolidation of clay under highway embankment and its seismic response after consolidation, 6th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering (Christchurch), 2015. (共著)

14) Influence area on the end bearing capacity of a pile in three-dimensional analysis under various soil conditions, 3rd International Conference on Performance-based Design in Earthquake Geotechnical Engineering (Vancouver), No.454, 2017. (共著)

15) A study on the fundamental performance of a new constitutive model for clay based on the framework of the strain space multiple mechanism model, 3rd International Conference on Performance-based Design in Earthquake Geotechnical Engineering (Vancouver), No.458, 2017. (共著)

16) Two-dimensional effective stress analyses of consolidation and corresponding seismic responses of clay layers, 3rd International Conference on Performance-based Design in Earthquake Geotechnical Engineering (Vancouver), No.416, 2017. (共著)

17) Modeling the Axial Behavior of Piles, Geological and Earthquake Engineering, Volume 43, Developments in Earthquake Geotechnics, Susumu Iai (Editor), Springer, pp.293-316, 2017. (共著)

18) Modeling of Cohesive Soils: Consolidation and Seismic Response, Geological and Earthquake Engineering, Volume 43, Developments in Earthquake Geotechnics, Susumu Iai (Editor), Springer, pp.341-366, 2017.

19) Simplified Method for Nonlinear Soil-Pile Interactions in Two Dimensional Effective Stress Analysis, Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics Conference V, Numerical Modeling and Soil Structure Interaction, Austin Texas, pp.258-268, 2018. (共著)

査読論文

1) 変相線を超えた応力空間における塑性せん断仕事の負のダイレタンシーへの寄与について, 第46回地盤工学シンポジウム平成13年度論文集, pp.83-88, 2001. (共著)

2) 有効応力解析プログラム「FLIP」による地盤の初期応力条件を考慮した矢板式岸壁の地震応答解析, 第46回地盤工学シンポジウム平成13年度論文集, pp.13-18, 2001. (共著)

3) 初期応力状態を考慮したモデル化による鋼矢板岸壁の被災事例の有効応力解析, 第46回地盤工学シンポジウム平成13年度論文集, pp.19-24, 2001. (共著)

4) 非排水有効応力地震応答解析における捨石材のモデル化に関する検討, 第46回地盤工学シンポジウム平成13年度論文集, pp.25-30, 2001. (共著)

5) 河川堤防を対象とした地震時変形解析の適用事例, 第46回地盤工学シンポジウム平成13年度論文集, pp.89-94, 2001. (共著)

6) 初期応力状態を考慮したモデルを用いた有効応力解析による鋼矢板岸壁の地震被害の評価, 構造工学論文集, Vol.49A, 2003. (共著)

7) 地中埋設管浮上実験の有効応力法による実験解析に基づく浮上メカニズムの検討, 第48回地盤工学シンポジウム論文集,2003. (共著)

8) 臨海部の被害予測システム, 土と基礎, 2003年3月号, pp.4-6, 2003.(共著)

9) 二次元有効応力解析法の解析精度向上に関する検討, 第29回海洋開発シンポジウム論文集, 2004. (共著)

10) Yield and cyclic behaviour of a strain space multiple mechanism model for granular materials, International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics, 29(4):417-442, 2005. (共著)

11) Dilatancy of granular materials in a strain space multiple mechanism model, International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics, 35(3):360-392, 2011. (共著)

学会研究発表

FLUSH-L法など

1) FL値による地盤の剛性評価法と構造物被害の予測法(FLUSH-L法), 第2回 阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集 (土木学会)/, pp.445-452, 1997. (共著)

2) 液状化による構造物被害の予測法(FLUSH-L法)の適用事例, 第2回 阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集 (土木学会), pp.453-460, 1997. (共著)

3) 地盤剛性低下の要因別評価法と液状化による構造物被害予測法(FLUSH-L法)の提案 ,第24回地震工学研究発表会講演論文集 (土木学会), pp.609-612, 1997. (共著)

4) FLUSH-Lによる解析, 地震時の地盤・土構造物の流動性と永久変形に関するシンポジウム発表論文集, pp.269-274, 1998. (共著)

5) 護岸構造物の残留変形解析−FLIPによる解析, 地震時の地盤・土構造物の流動性と永久変形に関するシンポジウム, 地盤工学会, 1998. (共著)

感度解析

6) 1次元有効応力解析のパラメタ感度解析, 第25回地震工学研究発表会講演論文集, pp.337-340, 1999. (共著)

7) 2次元有効応力解析のパラメタ感度解析(その1), 第25回地震工学研究発表会講演論文集, pp.341-344, 1999. (共著)

8) 2次元有効応力解析のパラメタ感度解析(その2), 第25回地震工学研究発表会講演論文集, pp.345-348, 1999. (共著)

SCP改良地盤のモデル化に関する検討

9) SCPで改良された砂質地盤の地震時有効応力解析におけるモデル化, 第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.2417-2418, 2000. (共著)

10) SCP改良地盤の地震時挙動の評価におけるモデル化に関する問題点の整理, 第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.2419-2420, 2000. (共著)

11) SCPで改良された粘性土地盤上の重力式岸壁の地震時有効応力解析(その1:高置換率SCP改良地盤のモデル化), 第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.2055-2056, 2000. (共著)

矢板式護岸のモデル化に関する検討

12) 地盤の初期応力条件が矢板式岸壁の地震時挙動に与える影響の解析的検討, 第26回地震工学研究発表会講演論文集, pp.809-812, 2001. (共著)

捨石のモデル化に関する検討

13) 非排水有効応力地震応答解析における捨石材のモデル化に関する検討(その1), 第26回地震工学研究発表会講演論文集, pp.677-680, 2001. (共著)

14) 非排水有効応力地震応答解析における捨石材のモデル化に関する検討(その2), 第26回地震工学研究発表会講演論文集, pp.681-684, 2001. (共著)

河川堤防被災事例解析

15) 1993年北海道南西沖地震で被災した河川堤防の解析検証事例, 第26回地震工学研究発表会講演論文集, pp.545-548, 2001. (共著)

16) 1995年兵庫県南部地震で被災した河川堤防の解析検証事例, 第26回地震工学研究発表会講演論文集, pp.549-552, 2001. (共著)

ドレーン工法により改良された地盤への適用方法の検討

17) 非排水有効応力解析によるドレーン改良地盤のモデル化に関する検討(その1)モデル化の方法と大型振動台実験の検証解析, 第38回地盤工学研究発表会, 2003. (共著)

18) 非排水有効応力解析によるドレーン工法改良地盤のモデル化に関する検討(その2)入力地震波の振動数とレベルの影響, 第38回地盤工学研究発表会, 2003. (共著)

19) 非排水有効応力解析によるドレーン工法改良地盤のモデル化に関する検討(その3)ドレーン材の剛性の影響, 第38回地盤工学研究発表会, 2003. (共著)

杭基礎のモデル化方法の検討

20) 飽和土中の埋設管の地盤反力に関する2次元平面ひずみ解析, 第38回地盤工学研究発表会, 2003. (共著)

21) 2次元水平断面モデルを用いた液状化地盤における杭−地盤系の相互作用の検討, 第38回地盤工学研究発表会, 2003. (共著)

22) 2次元有効応力解析における杭と液状化地盤の相互作用のモデル化, 第38回地盤工学研究発表会, 2003. (共著)

23) 2次元有効応力解析における杭と液状化地盤の動的相互作用のモデル化, 第58回土木学会年次学術講演会, 2003. (共著)

24) 土の構成則に関連する相互作用ばねを用いた単杭の水平載荷実験の2次元有限要素解析−その3 地表面の影響−, 第58回土木学会年次学術講演会, 2003. (共著)

解析精度向上のための検討

25) 二次元有効応力解析法の解析精度向上に関する検討−矢板式係船岸を対象として−, 第39回地盤工学研究発表会, 2004. (共著)

26) 二次元有効応力解析法の解析精度向上に関する検討−重力式係船岸を対象として−, 第39回地盤工学研究発表会, 2004. (共著)

27) 二次元有効応力解析法の解析精度向上に関する検討−桟橋式係船岸を対象として−, 第39回地盤工学研究発表会, 2004. (共著)

3次元解析による検討

28) 液状化地盤と杭の相互作用を考慮した大型振動台実験の2次元有効応力解析, 第42回地盤工学研究発表会, 2007. (共著)

29) 砂質土地盤における実物大単杭水平載荷試験の三次元解析, 土木学会第62回年次学術講演会, 2007. (共著)

30) 液状化地盤における杭基礎の大型振動台実験の3次元動的有効応力解析, 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

せん断変形ロック問題の解消(Sus法の検討)

31) 砂質土の定常状態を考慮した有効応力解析法について, 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

32) 砂質土の定常状態を考慮するために行った過剰間隙水圧モデルにおける応力経路の修正, 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

33) 砂質土の定常状態を考慮した河川堤防の被災事例解析(その1), 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

34) 砂質土の定常状態を考慮した河川堤防の被災事例解析(その2), 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

35) 砂質土の定常状態を考慮した河川堤防の無被災事例解析, 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

36) 砂質土の定常状態を考慮した遠心模型実験の有効応力解析, 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

37) 砂質土の定常状態を考慮したケーソン式防波堤の被災事例解析, 第43回地盤工学研究発表会, 2008. (共著)

透水を考慮した液状化地盤の解析法

38) カクテルグラスモデルの非排水繰り返しせん断時の挙動について, 第45回地盤工学研究発表会, 2010. (共著)

39) 透水と体積圧縮を考慮した遠心振動台実験を対象とした検討解析, 第45回地盤工学研究発表会, 2010. (共著)

40) 不規則荷重を受ける飽和砂の液状化後の体積収縮量に関する有効応力解析, 第45回地盤工学研究発表会, 2010. (共著)

41) カクテルグラスモデルにおける杭−地盤相互作用ばねの適用, 土木学会第65回年次学術講演会, 2010. (共著)

42) 液状化地盤の透水・沈下と動的相互作用を考慮した2次元動的有効応力解析, 土木学会第65回年次学術講演会, 2010. (共著)

43) FLIP解析による透水を考慮した矢板式岸壁の耐震性評価, 土木学会第65回年次学術講演会, 2010. (共著)

FLIP解析定数簡易設定法

44) 解析プログラムFLIPにおける砂の細粒分を考慮した解析定数簡易設定法, 第43回 地盤工学研究発表会(松山), 2010. (共著)

45) 液状化解析プログラムFLIP 入力パラメータの各種簡易設定法の比較, 第46回 地盤工学研究発表会(神戸), 2011. (共著)

46) 解析プログラムFLIPにおける砂の解析定数簡易設定法の種類とその特性, 第46回 地盤工学研究発表会(神戸), 2011. (共著)

47) 液状化解析プログラムFLIPのパラメータの簡易設定法(再訂版)の構築, 第46回 地盤工学研究発表会(神戸), 2011. (共著)

48) 有効応力解析プログラムFLIP における砂の解析定数簡易設定法を用いた事例解析(その2−盛土遠心実験−), 第46回 地盤工学研究発表会(神戸), 2011. (共著)

杭軸方向挙動

49) 二次元有効応力解析における矢板式係船岸の控え杭のモデル化に関する検討, 第48 回地盤工学研究発表会(富山), pp.1635-1636, 2013. (共著)

50) 施工影響を考慮可能な杭の周面摩擦モデルの一提案, 第48回地盤工学研究発表会(富山), pp.1235-1236, 2013. (共著)

51) 杭の先端支持力に関する解析的検討, 第48回地盤工学研究発表会(富山), pp.1293-1294, 2013. (共著)

52) 杭の周面摩擦力に関する解析的検討, 第48回地盤工学研究発表会(富山), pp.1295-1296, 2013. (共著)

53) 二次元有効応力解析における杭の周面摩擦力のモデル化に関する検討, 土木学会第33回地震工学研究発表会, Vol.33, 2-442, 2013. (共著)

54) 三次元解析による杭の遠心力模型実験のシミュレーション−ケース2(2層の飽和地盤)−, 第49回地盤工学研究発表会(北九州), pp.1195-1196, 2014. (共著)

55) 二次元有効応力解析における杭の先端支持力のモデル化手法, 土木学会第34回地震工学研究発表会, Vol.34, 633_1-14, 2014. (共著)

56) 杭の先端支持力に着目した三次元解析(その1)−単杭−, 第50回地盤工学研究発表会(札幌), pp.1297-1298, 2015. (共著)

57) 杭の先端支持力に着目した三次元解析(その3)−相対密度75%−, 第50回地盤工学研究発表会(札幌), pp.1301-1302, 2015. (共著)

58) 控え工の先端支持力のモデル化の違いが矢板式岸壁の地震応答解析結果に与える影響について, 第50回地盤工学研究発表会(札幌), pp.1523-1524, 2015. (共著)

59) 二次元有効応力解析における杭の先端支持力のモデル化手法, 土木学会論文集A1(構造・地震工学)Vol.71, No.4, (地震工学論文集第34巻), I_408-I_423, 2015. (共著)

60) 二次元有効応力解析における杭の周面摩擦力のモデルとパラメータ設定の検討, 地盤と建設(地盤工学会中国支部 論文報告集)Vol.35, No.1, pp.27-36, 2017. (共著)

▲トップページに戻る